”知識が知恵に変わるところ”
空知教育センター

事業推進テーマ(2017年~2021年)


空知教育センターは、空知管内24市町が共同で、小・中学校に勤務する教職員の研修や教育の理論と実践に係る研究を行っている機関です。
займ на карту срочно

所長あいさつ


*** 知識が知恵に変わるところ 空知教育センター ***

 空知教育センターのホームページにアクセスしていただきまして、まことにありがとうございます。

 日頃より当センターの事業推進に特段のご理解とご支援、ご協力を賜り衷心より厚く感謝とお礼を申し上げます。

 平成から令和へと時代は進み、グローバル化が一層進展しSociety5.0が到来しようとしている現代社会において、地球上に突如現れ、人類に多大な不安と混乱をもたらした新型コロナウイルス感染症は、ワクチンの一部先行実施が始まったものの一向に終息の気配を見せず、マスクを必要としない普通の生活がいつ戻ってくるのか、全く予測できない状況となっています。

 こうした中、管内全ての小中学校では、長い年月をかけて定着していた学校生活に数多くの自粛と見直しを求められましたが、3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)を避け、徹底した対策・注意喚起を行うなど感染予防を第一に、随所に創意工夫を積み重ね、児童生徒を主役とした各種教育活動を見事に展開し、従前同様に思い出多い1年間を送ることができたことでしょう。改めまして皆様のご尽力に敬意を表します。

 このような中、学校の長期臨時休業をきっかけとして、ギガスクール構想が前倒しとなり、空知管内でも全ての児童生徒に1人1台の端末が配置され、高速大容量通信ネットワークが整備されるなど、ICT環境は格段に向上する結果となりました。「ピンチはチャンス」、新時代の学びを実現する好機であり、授業改善の手段として捉えることができるのではないでしょうか。

 今後、ICT教育化を軌道に乗せるためには、授業設計の見直しや児童生徒への適切な指導、フォローが必要不可欠であり、教員に対する研修の充実を含めたトータルの環境整備が重要な課題となることから、当センターにおきましてもこれまでICT活用・プログラミング教育として実施してきた講座を発展統合し、令和3年度からは、ギガスクール対応講座として開設いたします。

 これまで当たり前に過ごしてきた日常生活が大きく変わり、先の見通しがさらに困難な未来を生きる子どもたちには、主体的に判断し、様々な人々や社会と関わりながら課題を解決していくための力の育成が求められています。

 そのため、「教学半」、子どもの健やかで確実な成長に直接携わる教師は、経験年数をいくら重ねても、自らが他者に学び、課題解決のために学ぼうとする態度を常に持ち続けることが大切です。

 学び合い、高め合う教職員集団がワンチームとして機能し、更なる授業改善を図ることにより、児童生徒は、学ぶ楽しみに気づき、分かる喜びを知り、自己の生き方を探求する力を身につけることができるのではないでしょうか。

 研修によって得た「知識」が子どもの成長につながる「知恵」となって届くように、空知教育センターは、教職員が自信と誇りをもって目の前の子どもたちと対するためのよき研修と研究に出会う機会を努めて作っていきたいと考えています。

 感染症対策には万全を期してお待ちしておりますので、令和3年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

令和3年4月    空知教育センター所長  岩 田  稔